小学校の卒業式~来賓出席~

小学校卒業式

小学校の卒業式に来賓で出席させて頂きました。

自分の子どもが卒業する訳では無いですが、

普段から家族ぐるみで仲良くしている子や、

一地域の大人として、公園で何度も一緒に遊んだ子児童館で会う子や、

PTA会長として、学校行事でサポーターとして活躍くれる中でお話させてもらった子

中学校の卒業式以上に、顔を見れば思い出が浮かぶ子がたくさん居るのでまた違った気持ちで出席させて頂きました。

【晴天に恵まれて】

卒業式の青空前日天気が悪く、翌日も雨の予報の中、卒業式のこの日だけ晴れ晴れとしたこの青空

気温もとても温かくて、素晴らしい日になりました☆

【卒業式】

小学校卒業式子ども達の成長、学校の先生方や、学校を取り巻く地域の方々子ども達への愛情を普段から見守っている身として、温かな嬉しさを常に感じていられる卒業式でした。

自分の子どもの事だけでなく、多くの子どもと関わりを持つ中で、たくさんの子ども達の成長を喜べる大人が居る事も知っています。

そんな人が1人でも多く居ると嬉しいなと心の底から思います。

【校長先生の言葉】

「自立(自律)」「共生」の話をされました。

とても大切な事だと思います。特に「共生」の心を持っている大人が減ってきている感じる中で、子ども達がその言葉をどこまで受け止められているんだろう

学校という環境の中では今も昔も変わらず共生を体現する事が出来ているのかもしれません。

でも、家の中では?公園では?公共の場では?

自分が属する世界(集団)が変わると、その世界の中での自分の立ち位置や価値観があり、それに合わせた振る舞いをするのが「社会性」だと思います。

(社会性という言葉と定義には諸説ありますが)

その子の社会性を発揮する時の考え方や行動の基準は?

その世界の先輩、大人の行動や立ち振る舞いから学び察するんだと思います。

一個人としてもそうですし、子ども達が触れる様々な世界作る立場として大人の役割はとても大きくて重たいです。

子ども達に「共生」楽しさを伝えられている大人がどれだけ居るんだろう?

自分自身がその役割を出来ているのか?

私自身が色々考えされられました。

【門出の会】

門出の会卒業式が終わり、各クラスで先生と最後の時間を過ごした後、

校庭で門出の会という催しが行われました。

在校生が作るアーチを卒業生がくぐります。

PTAから、これまでの感謝の気持ちを込めて校長先生6年生の担任の先生方に花束を贈らせてもらいました。

僕は校長先生に渡させてもらいました。

校長先生には花束だけではなく、伝えたい事や語り合いたい事がたくさんあるので、後日、教頭先生も含めて、飲み屋で話す時間を作ろうと思います!(^皿^)www

 

卒業生のみんな、本当おめでとう!

これからの成長を心から祈っています!
 



 
【ブログランキングに参加中です】

ブログランキングバナー☆子育てパパ
ぽちっと押してもらえると、励みになります♪(^^)
※サイトが表示されれば投票完了
※投票は1日1回だけカウント
2+