令和が始まる

令和

令和の時代が始まります。

何か変わるのか?

正直僕は今の時代を「令和」と呼ぶ事で何かが変わるとは思っていません。

でもそれを1つの節目として今までを振り返りこれからの事を考える事はとても意味のある事だと思っています。

ただ、この年号が変わるという大イベントの中で僕の考えが変わった事が1つあるとすれば、天皇陛下を尊敬する気持ちが芽生えた事です。

誤解を恐れずに言うと、僕は天皇っていう国の象徴として様々な儀式や行事を取り行っている人が居るんだなぁくらいの感覚でいました。

そんな中で「生前退位」という前代未聞の大決断をした事、周りを動かし実現した事はとても、とても凄いことだと思いました。

勝手な想像ですが、恐らく過去からの取り決めを重んじ、型にはまる事を義務付けられている環境で、変化や例外という言葉に縁遠い生活をしてきたんだと思います。

裕福な生活をしている反面、自我を殺さざるを得ない場面も数多くあったはずです。

(勝手な想像です・・・)

そんな中で「自分の幸せを考えていいんだよ」「自分がしたい事をしたいって言っていいんだよ」という事を、天皇陛下という立場で体現してみせた事に、視野の広さ、心の広さ、優しさみたいなものを感じました。

そして、「この人の為に実現させてあげたい!」と心の底から思って行動した人たちがきっとたくさん居たんだと思います。

 

あくまで勝手な想像ですが、僕はそういう優しい気持ちの連鎖令和という時代の始まりにあったんだと思っています。

僕自身、周りの人も自分自身も大切にする生き方をしていきたいと思います(^^)v
 



 
【ブログランキングに参加中です】

ブログランキングバナー☆子育てパパ
ぽちっと押してもらえると、励みになります♪(^^)
※サイトが表示されれば投票完了
※投票は1日1回だけカウント
0