ひな祭り~おこしもの作り~

おこしもの蒸したて

【おこしもの】

ひな祭りにお供えする和菓子は色々ありますが、愛知県では「おこしもの」(おこしもん、おしもん、おこしもち、おしもち等とも言う)という独特の和菓子があります。

僕も三重県出身なので、こっちに引っ越してきて初めて知りました☆

【地域の児童館「ぱるもあじおか」】

歩いてすぐ近くにある児童館「ぱるもあじおか」

ぱるもここは本当に素敵な児童館なんです。

児童館の職員さんも、利用者・サポーターとしての子どもや大人も、皆さん本当に温かい♪

地域に愛されている、僕も大好きな場所です!(≧▽≦)

今回はおこしもの作りの体験企画の募集があったので、子ども達の分を申込み☆

僕は地域のおやじの会へのサポート依頼があったので、釜戸係として参加する事になりました♪(^^)v

【釜戸の番】
釜戸

ぱるもあじおかには素敵な釜戸が2つあります☆

子ども達の体験企画で釜戸を通して親や大人サポーターと交流するきっかけになったり♪時には大人だけの交流会で釜戸で料理したり♪

大きや役目を果たしています(^^)

【おこしもの作りの始まり】

いよいよおこしもの作りの始まりです☆

おこしもの作り大人のサポーター、中学生サポーターが子ども達に作り方を教えてくれます☆

木の型枠に色付きの米粉生地を押し込んで模様を付け、最後に白い米粉生地を押し込み、型枠から外します♪

後は、釜戸で蒸すだけ(^O^)

【蒸しあがり】

おこしもの蒸したて釜戸で約12分で、もちもちに蒸し上がりました♪(^O^)

時間さえ判れば、後は火力を一定に保ちつつ、時間管理をしてくだけ☆

ぽかぽか陽気の中、おやじ仲間や児童館職員、児童館を訪れた大人や子ども達と会話したり、おこしもの作りの様子を見たり☆

ゆったり穏やかな時間を過ごしました(^-^)

【蒸しあがったら冷まします】

蒸し上がったあつあつのおこしものを、みんなのうちわでパタパタ冷まします☆

おこしものを冷ます

みんな一生懸命パタパタして可愛かった(≧▽≦)

【おこしものの完成】

色んな形のおこしものが完成しました☆

おこしもの完成去年までは、市販の型だけを使ってましたが、今年はサポーターの方の手作りの木の型を提供してもらい☆たくさんの形、いろとりどりのおこしものができました♪(^O^)

これは、長男が木枠を使わずに作った、ドラえもんだそうです☆

可愛いwww

【地域交流の素晴らしさ】

今、地域社会との交流という言葉をよく耳にするようになり、学校の授業でも地域を知ったり、地域の方を講師に招くという取り組みが増えています。

たくさんの人達と交流を持ち、色んな生き方、考え方に触れる事は、人の生き方の幅を広げる事に繋がると思います♪

地域の伝統や文化を学ぶ事は、人の繋がりの中で生きていく素晴らしさ、命を繋ぐ事の大切さを実感する事に繋がると思います♪それを身近な人の言葉や行動から学んだ時は、そこに温もりが通います☆

そういった温かな交流、バトンの受渡しが日々行われているこの児童館、この地域に関われている事を本当に幸せに感じます(^^)
 



 
【ブログランキングに参加中です】

ブログランキングバナー☆子育てパパ
ぽちっと押してもらえると、励みになります♪(^^)
※サイトが表示されれば投票完了
※投票は1日1回だけカウント
1+